印鑑通販の最近の傾向

はんこは、社会における本人の証明方法であり、生活のいろいろな権利や財産を保護するという、とても大切な役目があります。印鑑といっても種類は様々です。日常で申し込みや受け取り等の証明のために使われる認印をはじめとして、役所で印鑑登録をした印章である実印や、銀行で口座開設時に届け出をした銀行印等です。そしてその素材も、本つげや本象牙等いろいろあります。

それでは、その中でも特に実印を例に出して、通販と店舗購入の違いをここでみてみましょう。実印を買うには通販がよいのでしょうか、それとも店舗で買うのがいいのでしょうか。
最近では、店舗で実印を購入するよりも通販を利用するほうがメジャーになってきました。この両者の最大の違いは、実際にハンコの素材等を手に取って確かめることができるかどうかです。チタン等の金属、また木材の素材は特別に実物を手に取る必要性はないかもしれません。しかし、水牛や特殊素材の琥珀等はそれぞれ模様が違っていますので、店舗にて実際に手に取って買うほうがいいでしょう。
値段は通販で買う方が、店舗と比較して安い傾向があります。通販は別途配送料が必要ですが、それを考慮しても店舗より圧倒的な安さですし、また最近の通販サイト多くが「即日作成」の対応可能となっています。素材に特別のこだわりが無く、安さを求めるのであれば通販で決まりといっても過言ではありません。

ただ、気になるのが通販サイトにおける安全性の問題です。即日発送のサービスもあり、価格面でも利点がある通販ですが、利用の仕方によっては危険性もあります。それはセキュリティ面です。認印やシャチハタならともかく、実印のような大切な印鑑を通販で作成した場合、本当に安全なのか不安もあると思います。実は、業者によっては一般的なパソコンのフォントで印影を作成するなど、危険な面もあるのです。
同じフォントをたくさんの印鑑業者が使いまわしをすると、同じ印影の印鑑が発生することもありえます。せっかくのはんこが他人と同じという事も起こり得るわけです。
そのため、最も安全なのは多少割高でも手彫りのはんこです。また、機械彫りだとしても最初の設計図部分をきちんとしている業者が安全といえます。